PS5で噂されるクラウドゲーミングとは?ゲーム機が不要に!

今回はPS5で搭載されるのでは?と噂されている”クラウドゲーミング”について紹介します。

gc01

クラウドゲーミングとは

クラウドゲーミングとは、従来はゲーム機ハード(PS4、Wii等)で行っていた処理をサーバー上で行うことです。

これによってゲーム機がなくても、ゲームサーバーに接続する手段とコントローラーさえあればゲームがプレイできます。

cloudgaming

クラウドゲーミングの利点

この機能によって、ゲーム機自体が必要なくなる、もしくはさらに小型化されます。

従来のPlaystationやWiiといったハードはそのゲーム機で演算処理も行っていたわけですので、サーバー上で行ってくれるとその分小型化することが可能です。

また、データ等の情報は全てサーバーで管理されるため、ストレージを用意する必要がなくなると思われます。

これにより、ゲーム機自体の低価格化も見込めますね。

クラウドゲーミングの欠点

クラウドゲーミングはサーバー上で処理を行うため、遅延が発生しやすいといわれています。

そのため、クラウドゲーミング登場段階では不安定であることが予想されるため、遅延が多くみられる可能性があります。

また、ネットワークに接続しないとプレイができないため、急激なアクセス増加でサーバーがダウンした等の場合にはプレイできなくなってしまいます。

クラウドゲーミングがPS5に搭載される可能性

PS5にクラウドゲーミング機能が搭載される可能性は大いにあると考えられます。

私がそう考える大きな2つの理由は以下になります。

・ソニーが提供しているサービス「PlayStation Now」

・クラウドゲーミング会社「Gaikai」買収

PlayStaion Nowの存在

ストリーミングサービス「PlayStation Now」がサービス開始しました。

PlayStation Now(以下PSN)とはクラウドゲーミングを用いたサービスで「PS4」、「PSVita」、「ソニー製液晶テレビ ブレビア」などの様々な媒体を通じてプレイできます。

価格は月額制となっています。

structure-psnow

psn-plan

このシステム、やはり遅延はあるようでアクションゲームやFPSといった一瞬を争うゲームはプレイしがたいという声がネットで一部見受けられました。

プレイしていると気づかないといった声もあるのでそこまで大きな遅延ではないようなのですが、この問題を解決する必要はありそうです。

とはいえ、システムとしては順調なようなので、さらに発展させてPS5に実装される可能性も考えられます。

クラウドゲーミング会社買収

ソニーは2012年にクラウドゲーミング会社である「Gaikai」を3.8億ドルで買収しています。

ソニー側は

SCEは、今回の買収により、Gaikaiの高い技術力および、世界数十カ国でパートナー各社様向けにサービス展開可能なデータセンターを活用しながら、クラウドサービスを立ち上げ、ネットワークビジネスを拡大してまいります。

このようにコメントしており、PSN開発にも大きく貢献したと思われます。

これにより得た技術で、これからもソニーはクラウドゲーミングを展開していくのは確実だといえるのでPS5にも実装される可能性は高いのではないでしょうか。

まとめ

クラウドゲーミング実装の可能性は高いと述べましたが、

現状まだまだ問題があるため、次の世代では実装されないのかもしれないとも感じます。

”遅延”という問題の解決が今の技術だと不可能です。

一瞬の遅延もコアなゲーマーにとっては命取りになってきますし、少なからずそういったプレイヤーは離れていってしまいます。

私個人の予想ですが、PS5は従来のハードにクラウドゲーミングの選択肢を追加したものになるのではないかと思います。

PSNしかりクラウドゲーミングの開発は着々と進んできているので遅延という問題が解消されれば”ハード無し”の実現も夢ではないですね。

参考リンク集

コメント

  1. […] 出典PS5で噂されるクラウドゲーミングとは?ゲーム機が不要に・・・! | PS5最前線 […]

  2. […] 出典PS5で噂されるクラウドゲーミングとは?ゲーム機が不要に・・・! | PS5最前線 […]

  3. […] 出典PS5で噂されるクラウドゲーミングとは?ゲーム機が不要に・・・! | PS5最前線 […]